abn

日常と非日常

神保町 ボンディ神保町本店

こないだの土曜日、早く仕事がおわり、大好きな神保町へ。


神保町は喫茶店のために行くことが多いが、この日はカレーを食べに。



ボンディ神保町本店である。


駅から近く、書店の入っているビルの二階にある。


昼の時間帯を抜けた14時ごろの訪問だったが、人気店ということもあり、階段の下まで列が伸びていた。


列に並ぶとすぐに店員さんが並んでいる人の人数の確認とともに、メニューを渡しに来た。


「一番人気はビーフカレーです。」という一言が添えられ、メニューに目を落とすとたしかに一番上はビーフカレー。

そのほかチーズカレーなども目をひいたものの、初回なのでここはおすすめに従ってビーフカレーを選択。

辛さは、甘口・中辛・辛口の三段階だったので、無難に中辛を選択。

(最近他のカレー屋さんで辛口を選択し、だいぶ後悔した反省から…)


だいたい待ち時間40分ほどとのことだったが、回転がわりと早いのか、するすると階段を登っていき、体感30分もかからないくらいで入店。

ちなみに、階段上がって店の前では椅子が並んでいて座って待てた。


カウンター席に案内されて程なく、不思議なものが運ばれて来た。


f:id:aata0925:20170703180104j:plain


じゃ、じゃがいも……


「カレーとセットのポテトです。」とのこと。


たしかにメニューにポテトがあって、ファストフード店とかでよく出るあれみたいなやつかなー不思議だなーとは思っていたが、

まさかじゃがいもそのままの状態で出てくるとは…


そして、バターが添えられている。じゃがバター的に楽しむんだろうか…


周りを見てみると、カレーに入れて一緒に食べている人もいた。たしかに普通の家のカレーといえばじゃがいもが入ってるものだが……



そして、ついにカレーが到着。


f:id:aata0925:20170703180355j:plain


素敵な見た目。ご飯にかかって出てこないタイプのカレーはなんか貴族みたいで好き。(適当)


ビーフがごろごろ入っている


f:id:aata0925:20170703180504j:plain


美味しそう。

ご飯に乗ってるのはチーズ。これまた最高の組み合わせ。

チーズカレーだともっとチーズチーズしてるのだろう。


いざ、実食!


美味しい、美味しすぎる。


欧風カレーでここまで美味しいのは初めてかもしれないレベルで美味しい。

量は普通も普通なのでペロリと完食。

美味しすぎてあっという間に食べてしまい、ふと見ると、


f:id:aata0925:20170703180713j:plain


あっ…


カレー美味しすぎて完全に存在忘れてたわ…。


バターと一緒に食べて見る。普通にじゃがバターとして美味しい。


これどうするのが正解だったんだろう…などと考えながら完食。


お値段は約1500円と、若干高めに感じた。1000円くらいだったらいいのになー、でも美味しかったなあ、と思いながら退店。


コーヒーが飲みたくなって、帰りにミロンガヌオーバに寄ってアイスコーヒーを飲みながらぐだぐだして、今日の神保町はおわり。


次行くときは、他のメニューに挑戦かな。そんなに辛くなかったので、辛口にしてみても良いかもしれない。


https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000439/top_amp/