abn

日常と非日常

藤沢・鎌倉純喫茶ツアー他③(鎌倉駅・ミルクホール)

さて、藤沢・鎌倉純喫茶ツアーのラスト。


鎌倉駅に到着し、久しぶりの街並みを楽しんだ。


今回、鎌倉での目的地はこちら。


f:id:aata0925:20170814190232j:plain


ミルクホール。


だいぶわかりにくい、細い裏路地にあるため、狙って行かないとまず出会わない気がする場所。


f:id:aata0925:20170814190400j:plain


入り口もかわいい。


f:id:aata0925:20170814190450j:plain


中に入ってもかわいい。

レトロなものが店内に並び、販売もされていた。


f:id:aata0925:20170814190649j:plain


昔ながらのハヤシライス。素朴な感じで好き。


少し店員さんのやる気がなかった気がしたのが残念。


帰りに、ソーセージの専門店である、腸詰屋に行き、美味しくソーセージをいただいた。

(ちなみに春に軽井沢に行った時に腸詰屋に出会い、だいぶハマった。おすすめ!)


体は疲れたものの、

全体的に満足した旅であった。





藤沢・鎌倉純喫茶ツアー他②(江ノ電・鎌倉高校前)

さて、だいぶ間が空いたものの。


藤沢・鎌倉純喫茶ツアー他パート②


藤沢駅から江ノ電へ乗車。


江ノ電という電車がとても好き。


住宅の間を縫うように走る電車。


手を伸ばせば届きそうな景色。


急に広がる海!


というわけで、次の目的地は鎌倉駅であるが、鎌倉高校前駅で途中下車。


目的はもちろん海!


そして、様々な聖地になりすぎてもはやなんの聖地と呼ぶべきかわからない



こちらの踏切である。

f:id:aata0925:20170814185206j:plain


私が訪れた日も、平日にもかかわらず、観光客でいっぱいだった。


どうやら台湾でスラムダンクが流行ったようで、スラムダンクのフィギュアを持って一緒に記念撮影している外国の方も多く見られた。


ももちろん桜木花道ポーズで記念撮影。


f:id:aata0925:20170814185738j:plain

※イメージ



そして、美しい海を堪能し…


f:id:aata0925:20170814185825j:plain


再び江ノ電へ乗車。


そして鎌倉へ…





藤沢・鎌倉純喫茶ツアー他①(藤沢 ジュリアン)

先日、藤沢と鎌倉に行ってきた。



目的は、喫茶店。カフェ。



あとは、江ノ電というものが個人的に好きなので、江ノ電に乗り景色を眺めることを目的とした。



まずは藤沢駅へ。


駅を降りて思ったことは、予想以上になにもない。


だが、今日の目的地はとりあえず1つなので、駅から歩道橋を進み、路地へ入って行く。


そして現れる景色がこちら。


f:id:aata0925:20170728135532j:plain


突如として現れる素敵な丸い窓。


ジュリアン


である。


ここはとあるクリームソーダが有名である。

この日ここに来たのもただ1つそれを頼みに来た。


「ペアーソーダ1つ。」


注文を終え、店内を見回してみると、

ちょっと前の喫茶店ではよく見た光景である、ゲーム機がテーブルになったタイプの卓がいくつかあった。


麻雀ゲーム・インベーダーゲームなど、かなりのブームになったあれである。


f:id:aata0925:20170728135955j:plain


店内はこんな感じ。

一番奥に見えるのが、ゲームの卓。


f:id:aata0925:20170728140044j:plain


椅子がハートマークになってたり。小さくてかわいい。


とかなんとかしてるうちに、ペアーソーダが到着。


f:id:aata0925:20170728140142j:plain


まさに芸術。

グラスが2つに分かれている不思議なかたち。片方にはグリーンのソーダ、もう片方にはピンクのソーダ。

それぞれアイスクリームとホイップクリームを載せている。


このカラー。タイバニのバディを彷彿とさせるので、タイバニファンにはバディソーダと呼ばれてたりとする。


そんなこんなで懐かしい雰囲気を感じながら、クリームソーダを楽しんだ。

f:id:aata0925:20170728150215j:plain


https://blog.with2.net/link/?1925442


つづく。



自由が丘:パンの田島

ついつい自由が丘の店ばかりの紹介となるが…



自由が丘駅正面口より徒歩2.3分程


2017年6月にオープンしたばかりの、人気のコッペパン専門店「パンの田島」である。


f:id:aata0925:20170718231722j:plain


かわいらしいメニューが出迎えてくれる。メニューのレトロ感がなんとも素敵。


揚げたてパン・惣菜コッペパン・甘いコッペパン・そして季節限定?のコッペパン・さらにパンに合うドリンクメニュー(特に牛乳!)がたまらない。


f:id:aata0925:20170718232008j:plain


店員さんたちもなんだか給食当番みたいでかわいい。


今回は、甘いコッペパン・揚げたてパン・惣菜コッペパンからいくつか注文。あと大変惹かれたコーヒー牛乳。


f:id:aata0925:20170718232150j:plain

こちらは厚切りハムカツ。人気メニューのようだ。


f:id:aata0925:20170718232306j:plain

こちらはナポリタンドッグ。

挟まれたソーセージが良いアクセント。


f:id:aata0925:20170718232421j:plain

そして揚げたてパンの、半熟卵ビーフシチュー(名前の魅力が半端ない)。


あとはピーナッツマーガリンなども食べてみたが、写真撮り忘れ。


こちらのお店、イートインコーナーも12席くらい?用意されているのだが、


f:id:aata0925:20170718232631j:plain


ちょっとレトロな学校の教室のようになっている。これまた素敵。

f:id:aata0925:20170718232718j:plain


スタッフ用の部屋への扉の上には、職員室の文字。


全部のコッペパンを制覇してみたい、そう思えるほど全てが美味しかった。皆さんもぜひ。

自由が丘:モンブラン

久しぶりの1日休み。

(実に21日ぶり)


久しぶりに歩く、昼の街並み。


お昼ご飯には、昨年オープンしたばかりで、二度目の訪問となる

「also soup stock tokyo」へ。

名前から分かる通り、かの有名なスープストックトーキョーのお店。

休日のスープストックトーキョーをコンセプトとしているらしく、陽が差し込む明るくおしゃれな店内が出迎えてくれる。


今回は、日替わりらしいブランチスープを注文。この日はアジアンスープらしい。

前菜と、小さめのスープ、ご飯(またはもついて、1450円。

前菜がこちら

f:id:aata0925:20170710193534j:plain


そして、メインのスープがこちら。

(ご飯は大盛りにもできるが、今日は普通盛り)

f:id:aata0925:20170710193629j:plain


美味しくて、優しい味。

オクラやナス、キノコなどなど、健康になれそうな幸せスープであった。

特にオクラなんて食べるの久しぶり。

ご飯を頼めば、ドリンクやデザートが200円引きになるようで。

今度は和風のスープに挑戦してみようかしら。

http://also.soup-stock-tokyo.com/



さて、お昼ご飯を食べた後は自由が丘の街をぷらぷらしたりして、

今日のメイン、モンブランへ。


こちらは、モンブラン発祥のお店とのこと。

モンブランというケーキがこの店から生まれたのか…そうなのか…と思いながら入店。

入ってすぐのところは販売スペースとなっており、お土産などが買える模様。


奥がカフェスペース。

内装は安心感のある、スタンダードな喫茶店といった感じ。

f:id:aata0925:20170710194701j:plain

奥にかかってる絵が気になったり。


店員さんがすぐお水とメニューを持って来たが、メニューには売り切れ表示のついているものがかなり多くあった。

パフェやケーキなど多くのデザートメニューがあるようだが、残念ながら今回ら選択肢があまり多くない。

売り切れメニューのなかでは、プリンが気になった。瓶に入っているのを食べている人がいたのでそれだろう。


しかし、メインのモンブランはちゃんと残っていたので、モンブランを注文。

 セットでドリンクを頼むと気持ち安くなるので、ブレンドコーヒーを一緒に注文。


わくわくしつつしばらく待っていると、ついに到着。


f:id:aata0925:20170710195155j:plain


なんと美しいフォルム…

上に乗っているのはメレンゲ

早速フォークを入れる。


うんうん。

モンブランといえばこういう味だな…。


そんなにモンブランが特別好きなわけでもないけれど、せっかくだからと頼んだことを思い出しつつ、完食。

アイスモンブランというメニューもあったので、気になるところ。


しかし、モンブランが特別好きなわけでもないので、他のパフェメニューなどが売り切れでなければ、そっちに引き込まれてしまうかもしれない。


http://www.mont-blanc.jp/


f:id:aata0925:20170710195628j:plain


f:id:aata0925:20170710195642j:plain


神保町 ボンディ神保町本店

こないだの土曜日、早く仕事がおわり、大好きな神保町へ。


神保町は喫茶店のために行くことが多いが、この日はカレーを食べに。



ボンディ神保町本店である。


駅から近く、書店の入っているビルの二階にある。


昼の時間帯を抜けた14時ごろの訪問だったが、人気店ということもあり、階段の下まで列が伸びていた。


列に並ぶとすぐに店員さんが並んでいる人の人数の確認とともに、メニューを渡しに来た。


「一番人気はビーフカレーです。」という一言が添えられ、メニューに目を落とすとたしかに一番上はビーフカレー。

そのほかチーズカレーなども目をひいたものの、初回なのでここはおすすめに従ってビーフカレーを選択。

辛さは、甘口・中辛・辛口の三段階だったので、無難に中辛を選択。

(最近他のカレー屋さんで辛口を選択し、だいぶ後悔した反省から…)


だいたい待ち時間40分ほどとのことだったが、回転がわりと早いのか、するすると階段を登っていき、体感30分もかからないくらいで入店。

ちなみに、階段上がって店の前では椅子が並んでいて座って待てた。


カウンター席に案内されて程なく、不思議なものが運ばれて来た。


f:id:aata0925:20170703180104j:plain


じゃ、じゃがいも……


「カレーとセットのポテトです。」とのこと。


たしかにメニューにポテトがあって、ファストフード店とかでよく出るあれみたいなやつかなー不思議だなーとは思っていたが、

まさかじゃがいもそのままの状態で出てくるとは…


そして、バターが添えられている。じゃがバター的に楽しむんだろうか…


周りを見てみると、カレーに入れて一緒に食べている人もいた。たしかに普通の家のカレーといえばじゃがいもが入ってるものだが……



そして、ついにカレーが到着。


f:id:aata0925:20170703180355j:plain


素敵な見た目。ご飯にかかって出てこないタイプのカレーはなんか貴族みたいで好き。(適当)


ビーフがごろごろ入っている


f:id:aata0925:20170703180504j:plain


美味しそう。

ご飯に乗ってるのはチーズ。これまた最高の組み合わせ。

チーズカレーだともっとチーズチーズしてるのだろう。


いざ、実食!


美味しい、美味しすぎる。


欧風カレーでここまで美味しいのは初めてかもしれないレベルで美味しい。

量は普通も普通なのでペロリと完食。

美味しすぎてあっという間に食べてしまい、ふと見ると、


f:id:aata0925:20170703180713j:plain


あっ…


カレー美味しすぎて完全に存在忘れてたわ…。


バターと一緒に食べて見る。普通にじゃがバターとして美味しい。


これどうするのが正解だったんだろう…などと考えながら完食。


お値段は約1500円と、若干高めに感じた。1000円くらいだったらいいのになー、でも美味しかったなあ、と思いながら退店。


コーヒーが飲みたくなって、帰りにミロンガヌオーバに寄ってアイスコーヒーを飲みながらぐだぐだして、今日の神保町はおわり。


次行くときは、他のメニューに挑戦かな。そんなに辛くなかったので、辛口にしてみても良いかもしれない。


https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000439/top_amp/

〜結果〜

昨日、帰って来たのは22時。



帰って荷物を置き、


着替える間も無く洗濯機のスイッチオン


食器用スポンジに洗剤をつけ、溜まった洗い物を片付ける


そしてー



干すのがだいぶ面倒なことに気づいた



無事、なんやかんや、溜まっていた洗濯物や洗い物を処理できて最高の気分だ。



そして今日の帰宅は21時。


今日も洗濯機を回す。


昨日全部やってしまおうかと思ったが干すのがあまりにも面倒だった。


干さなくてもいいように良い乾燥器がほしい。


駄文にもほどがある


それはさておき、先日、家の近くの怪しい?店が並ぶ中にあるタイ料理屋に行って来た。


タイ料理は最近のブームのひとつである。特に、グリーンカレートムヤムクンが最高。

そしてタイ料理はなにより安くて量がそこそこ多く、ハズレない確率が高いからだ。


今回もやはりグリーンカレーを注文。そして生春巻き、さらに鶏肉のスープを頼む。


f:id:aata0925:20170629215254j:plain

ちなみに、運ばれて来たお水のグラスが可愛かった。ほしい。


そして、まずは生春巻きが到着。

f:id:aata0925:20170629215413j:plain

パクチーがいい感じに効いててなかなかに美味しい。素敵。


f:id:aata0925:20170629215458j:plain

そして鶏肉のスープ。こちらもパクチーが乗ってる。


最後にグリーンカレー到着。

f:id:aata0925:20170629215537j:plain


???

甘い?

と思ったら後から来る辛さ。


今回このお店だけで記事を書くことはなく、お店の名前は出さない。


理由は、個人的にこのタイ料理屋ははずれだったから。

生春巻きは美味しかったが、グリーンカレーとスープは口に合わなかった。

店内の内装はとても可愛かった。

しかし、もったいない。あえてもう一度は選ばないお店であった。


また明日も、美味しいお店を探して食べ回る。